忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2020/05/25 18:52 |
reamへ送る新キャラ設定★4~6

てことで、続き!

半分に分けまたした><;

見直しながら書くから、分けるのが本当にイヤなんだけど……しかたあるまい 。。。

前半の台詞小説 reamへ送る新キャラ設定★1~3 は コチラ 
鈴「春……お待たせ」
 
春「……鈴、てどうしてダリア達まで」
 
ともみ「いいじゃん! 今日は春のおごりでどっか行こう!」
 
ななこ「ともちゃん」
 
ダリア「そうね、気分を変えるのにはいいかもしれないわね」
 
ミケ「わぁ~い! 僕パフェがいい! で、サンちゃんのおごり!」
 
サン「て、俺今から仕事だし」
 
ミケ「けちー!! サンちゃんのバカ!!」
 
ななこ「サン君……そういえば……」
 
鈴「ミケと別れて他の子と付き合ってるって本当?」
 
サン「え?!;……うん」
 
ともみ「だけどミケのことが一番好き! 当たり当たり!!?」
 
サン「……え!!?///; ち、ちが///;」
 
ともみ「あやしぃ~!!」
 
春「今まで、どこで何やってたんだ?」
 
鈴「……? 科学室で知ってるさんしてた……」
 
春「……サンの事占ってたのか…?」
 
鈴「……そう、あと…… ……///」
 
春「……」(何だ?;)
 
鈴「……帰りましょう」
 
ともみ「サン! はけはけー! 素直に白状しろぉ~!!」
 
ミケ「ともちゃん、サンちゃんいじめていいのは僕だけなの!!」
 
ともみ「そういえば、占い春の好きな人とか占ってたんだけど、なんとー! あたしの名前が!!」
 
春「まじか……」(あたらねぇなら大丈夫か……)
 
鈴「……私の名前だった///」
 
春「……// ちなみに、他には占ったのか?」
 
ダリア「気になる?」
 
春「まぁ……自分が関係してることだったらな」
 
鈴「他は占ってないわよ……」
 
 ream.gif
 
 
 
 
 
 


 
 ミケ「僕さんちゃんn」鈴「……」(ペシン)
 
ともみ「それも気になるよなぁ~!」
 
ダリア「気になるといえば、呪よね……」
 
ななこ「……そうだね」
 
春「……呪と何かあったのか?」
 
鈴「私達を教室で待ってて、お札をすすめてきたの……買わなかったけど」
 
ダリア「あの、デス3人グループとは関わりたくないわね……」
 
ともみ「そういうあんたが一番呪いとかかわりあんじゃん!」
 
ダリア「ソールとともみほどな関わりじゃないわよ……( 「 _「 」
 
ともみ「はぁ!!? なんでもないしー!!」
 
ななこ「まぁまぁ;;」
 
春「……それで、今度は何の札を売りつけてきたんだ?」
 
鈴「……たしか、呪い反射のお札、だったわね」
 
ミケ「ってことは、僕達これから呪われるってこと?」
 
サン「えぇ!? お札買ったほうがいいって」
 
ミケ「サンちゃんまだいたの?」
 
サン「え…; うん」
 
ミケ「仕事行って来なよ」
 
サン「でも、ミケ大丈夫なのか?」
 
ミケ「あ! マネージャーさんだ!」
 
サン「……あ;」(携帯 ~♪)
 
春「札……買わなかったのか?」
 
ともみ「200万だよ200万! ボッタクリ価格もいいところだって」
 
ダリア「まぁ、そんな感じで誰も買ってないわ、もっとも鈴はお金がなくて買えなかったてのもあるけど……」
 
鈴「……もとから買う気なんてなかったわ」
 
 ream2.gif
 
 
 
 
 
 
 
 
ななこ「と、ともちゃん、私今日はお花屋さんに行きたいから先に帰るね?」
 
サン「じゃあ俺も仕事いくから……何かあったらすぐに連絡な!」
 
ともみ「しょうがないな、じゃああたしも帰るよ」
 
ななこ「でも……いいの?」
 
ともみ「明日奢ってもらえばいいし( ^ 皿 ^ )
 
ミケ「あ……僕の携帯にもマネジャーさんから電話だぁ」
 
鈴「それじゃあ、また明日……」
 
ななこ「うん、また明日( ^ ^ )」
 
…………
 
ともみ「……ところでななさぁ、最近よく花屋行ってない?」
 
ななこ「え…? うん、素敵な花屋さん見つけたから」
 
ともみ「へぇ~…… 案外狙いは男だったりしてwww」
 
ななこ「え!!?/// えぇえ~!?/// そ、そんなことないよ///」
 
ともみ「……え…… そ、そうなの?」
 
ななこ「違うったら!/// ちがうからね; はは;」
 
ともみ「明らかじゃん、ななこの王子様としては寂しいなぁ~」
 
ななこ「だから違うんだって;」
 
ともみ「……っ」
 
ななこ「…… ともちゃん?」
 
ともみ「……いや……」(誰かにつけられてる?)
 
ななこ「……?」
 
……………… 次の日 ………………
 
ミケ「うにゃぁ~……眠い」
 
ななこ「ミケちゃん、まだ学校に来たばかりだよ?」
 
ミケ「だって、昨日からトラブル続きなんだもん……」
 
ともみ「おはよ~ふぁ~…ねみぃ~」
 
ななこ「おはようともちゃん( ^ ^ )」
 
ともみ「はよ~、ミケなんか疲れてない?」
 
ミケ「あのね……昨日は照明が落ちてきたり、撮った写真には変なのがいっぱい写ってて、何度も取り直しされたあげくの果てには、なぜか心霊写真特集にまわされてるしで……僕もう本当にグッタリなの><」
 
ともみ「まじか……それはすごい……あたしも昨日は散々だったよ、ヴァンパイアが見つからなくて気付いたら朝」
 
ななこ「ともちゃんはいたっていつもと同じだね( ^ ^ )」
 
ともみ「……う……;」
 
ミケ「……やっぱり呪い反射のお札買うべきだったかなぁ~……」
 
ダリア「……フゥ」
 
ななこ「ダリアさんも……疲れてる?」
 
ダリア「……まぁ」
 
ともみ「どうした? また六にしつこくつきまとわれたとか?」
 
ダリア「いつものこと過ぎるわね……」
 
ともみ「じゃあ、何?」
 
ダリア「……意味不明な電話がかかってきたりとか、いきなり停電おこしたりして大変だったのよ」
 
ミケ「絶対しってるさんの仕業だよね……」
 
鈴「……おはよう」
 
ミケ「おはよう~、鈴ちゃんも昨日は何かあった?」
 
鈴「……何かって……何?」
 
ミケ「驚くこととかだよ!」
 
鈴「…… そうね……朝起きたら枕元にお財布があったわね
ひょっとして、ミケ達何か知ってるの?」
 
ミケ「ちがぁ~う!! 心霊現象!」
 
鈴「……いえ、私は知らないけど……でも、やけにスープがソワソワして花瓶を割ったり叫んだり、暴走して騒がしかったけど……」
 
ななこ「……( ^ ^ ;」(きっと鈴ちゃん、鈍感なんだろうな)
 
ダリア「……霊ってなると、私達の能力ではどうにもできないわね……」
 
ともみ「一応色々教会で買ってきたりとかしたけど、まるで効果がないんだよね」
 
ななこ「…… え?; これって」
 
ともみ「えーと、杭でしょ? ニンクでしょ? まぁこれはよしとして、聖水はきくって! 多分だけど……」
 
ダリア「バカね……聖水っても霊体に直接当てられなきゃ意味ないでしょ……本当にバカ( 「 _「 」
 
ともみ「バカバカいうな! そおいうダリアは何か対策した? ええ?( 「 _「 」
 
ダリア「……要は、呪からお札を貰えばいいってことでしょ?」
 
ななこ「やっぱりそうなるよねぇ~……」
 
ミケ「……でも、オバケさんてさ、多分ここの生徒で女の子だよ? かわいそう」
 
ともみ「かわいそうって、もう死んでるし( ^ ^ ;」
 
鈴「どうしてそれが分かるの?」
 
ミケ「写真あるよ? 見る?」
 
ともみ「どれどれ~……」
 
ななこ「心霊写真って、知ってるさんが写ってたんだね( ^ ^ ;)
 
鈴「……オカルトは好きじゃないんだけど……」
 
ダリア「……ふぅ~ん、これが知ってるさん……なんか弱そう」
 
ともみ「そういえばさ、知ってるさんの最後の結末も何種類かあるみたいだしさ……」
 
鈴「……それは、知ってるさんは複数存在するといいたいの?」
 
ともみ「まぁ、そんな感じ……だってさ、1つはあたし等みたいな感じで小さなイタズラで済むらしいけど、まれにさ……まれに、頭が狂ったようにして死んでいくとかさ、自殺とかってきいたんだよ、噂でね」
 
ダリア「……じゃあ、私達はまだましな知ってるさんだったというわけね」
 
ななこ「……良かった( ^ ^ )」
 
ミケ「じゃあさ、もうこの子のことは除霊しようとかって事にはならないよね?」
 
鈴「……本当にミケは、女の子だったら誰でも好きなの?( 「 _「 ;」
 
ミケ「えぇ~、それはたまには例外もあるけど、僕男の子だし、やっぱり女の子は好きだよvv」
 
ともみ「除霊……かぁ、一応ノイル生なら、哀れみの意味もこめてしてあげるべきじゃないかな?」
 
ダリア「哀れんでやってあげるなら、除霊じゃなくて供養といいなさいよ、本当にどうしようもないバカなんだから」
 
ともみ「バカいうな!」
 
鈴「そうね……供養は、しましょう」
 
ななこ「私も賛成( ^ ^ )」
 
ミケ「そうだね、供養なら……供養って何?」
 
ななこ「あはは( ^ ^ ;)」
 
ダリア「ということだから……呪」 呪「それは無理ですよ…クククッ」
 
ともみ「と…っぅわぁ!?; いつから後ろにいたんだよ!?; 後ろに立つな!!」
 
ななこ「ともちゃん; 落ち着いて」
 
呪「……いえ、人の後ろは色んなものが見えて楽しいですし……色んな意味で安心しますからね…クククッ」
 
鈴「ところで……無理ってどういうこと?」
 
呪「気になるようでしたら、丸江さんに直接聞いてみるのがいいかと……」
 
ミケ「そうだね、丸江さんなら一発で分かるもんね!」
 
ななこ「で、でも……授業はどうするの? 放課後だよね?」
 
ダリア「面倒だから、今からいくわ……どうせ、次の授業は班で実習でしょ」
 
鈴「次の授業は、技能ね……班での対戦だったと思うわ」
 
ミケ「対戦かぁ~、僕戦うのキライだから行く!」
 
ななこ「……私は授業でるよ?」
 
ともみ「……ななこが出るなら、私が守らないけないからなぁ~……」
 
ダリア「じゃあ、これで分かれたわね……ななことともみは呪から情報を聞き出す。
私と鈴とミケは丸江さんから話しを聞きに行く、決まりね」
 
鈴「……待って、私はじゅ( 「 _「 ;」 ダリア「行くわよ」
 
ともみ「……呪の班て……」
 
ななこ「で、デス3だよね;;」
 
呪「……クククッ」
 
ともみ「強いけど面倒;」
 
ななこ「ともちゃん;」
 
ソール「フンッ」
 
バン「……来るなら、足引っ張らないようについてきて」

7d5f9a31.gif





 
ともみ「ほら出た、この無愛想なのとS!」
 
ななこ「ご、ごめんね;」
 
ソール「フンッ」
 
ともみ「ダリアあたしもやっぱりそっちに……て、いねぇ~( 「 _「 ;」
 
…………………………
 
(コンコン)
 
丸江「どうぞ」
 
鈴「失礼します……」
 
ダリア「……理事長室なんて、来たの初めてだわ」
 
ミケ「僕もぉ~♪」
 
丸江「どうしたんですか? 授業を抜け出して……早く教室に戻らないと点数引かれますよ?」
 
鈴「……もどりまs」ダリア「ません」
 
ミケ「ちょっと丸江さんに聞きたいことがあるんだよね? ちょっと写真見て」
 
丸江「……これは……、ひょっとして、3人で知ってるさんをしたんですか?」
 
ダリア「いいえ、五人でよ……」
 
鈴「……それで、現在私達には知ってるさんがついてきてるようなので、供養はできないものかと呪に相談したのですが……」
 
ミケ「駄目じゃなくて、無理って言われたの!」
 
ダリア「理由も教えてもらえてません」
 
丸江「……そうですか……」
 
ミケ「教えて! 気になるし、被害者だし!」
 
丸江「そうですね……ノイルの生徒だと突き止められたのは、ごくわずかですし……。
何より、その子はクラス的にあなた達のクラスメイトなので教えることにしましょう……」
 
鈴「……クラスメイト……。
それは……問題児だけど、能力は見込める……という意味でですか?」
 
丸江「それもありますし、実際あなたたちのクラスメイトの予定でしたしね」
 
ミケ「……そうだったんだ。 じゃあきっと、ノイルの恒例行事のアドベンチャーで死亡した可哀想な子なんだね」
 
丸江「……それには、ちょっと近いようで、違う死を迎えた理由があります」
 
鈴「聴かせてください」
 
丸江「この写真の子は、有坂知恵と言って、すごく真面目でそれでいてとにかく目立たないようにしているような、そんな子でした」
 
ミケ「能力は?」
 
ダリア「黙ってききなさいよ」
 
丸江「そう、能力、有坂さんの一番やっかいだったところは、その能力です。
彼女は、人の知識を吸収することができたんです……」
 
ダリア「それって気持ち悪いわね……考えてることとか、記憶まで知られてしまうって事?」
 
丸江「そうです……。 それゆえに、危険人物対象リストにあがりました」
 
鈴「……どう考えても……、傍においておくのも、何処においておくのも、学校としては……」
 
丸江「そうです……それが、危険対象者……」
 
ダリア「それで、死因はなんだったんですか?」
 
丸江「……有坂さんは、能力をほぼ誰にも知られないように生活していました。
学校もそうです。
ですが、どういうわけか彼女の情報はAKUにその情報が漏れ、しまいには狙われるようになったのですよ」
 
鈴「それじゃあまさか……」
 
ミケ「……AKUか……」
 
丸江「……ギリギリのところで、彼女は奪われてしまいました……。
正直生きているか、死んでいるのか、相手方にとっても良くも悪くもな存在ですからね……」
 
ダリア「じゃあ……知ってるさんは……?
AKUが送り込んできた呪とか? それとも、スパイ?」
 
…………………………
 
ななこ「うわぁ~ん、怖いよぉ~>< 寒気がするよぉ~><;
でっかい竜はいるし、バン君攻撃当たってもケロッとしてるけど、なんだか怖いよぉ~><。」
 
ともみ「ななこ、いい子だから、もうちょっとだけ我慢ね( ^ ^ ;)
で、呪は知ってるさんが見えてるんでしょ?
はっきり言って!
いったいどうしていたずらするのか、それから、供養もできないのか」
 
呪「……そうですね……お金くれるなら考えますけど……」
 
ともみ「たく、こいつ!
金とダリアいる時限定でペラペラ話すのか!?!」
 
ななこ「お金あげるから、早く解決しよう><。」
 
呪「ありがとうざいます…クククッ」
 
ともみ「……しょがない、ただし、学校でもしらないよな情報じゃなきゃ駄目ね」
 
呪「そうですね……なんなら、直接知ってるさんから話しをききますか……?」
 
 
PR

2009/02/08 14:19 | Comments(0) | TrackBack(0) | 小説

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<抹茶パフェで満腹vv | HOME | reamへ送る新キャラ設定★1~3>>
忍者ブログ[PR]