忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2020/07/10 21:43 |
うみ の まとめ④
四.決意
 
うみは、考えていた。
 
もし、ともみが生きていたとしたら、自分は待っているだけでは弱い。 と
 
ソールから、自分はともみのクローンだという真実を聞かされたうみは、冷静を装うとしつつも悲しみにくれていた。
 
以前の記憶は、なぜかなんともいえない恐怖心があり思い出したくはなかったが、自分にはソールや他の皆と離れても、家族や友達はいるんだと思っていたかったから。
 
それが、実際はともみのクローンで、本来なら生涯目を覚まさず、怪我や病で苦しんでいるともみの体に提供する「バンク」というあんまりな存在。
 
意識を持ってしまったうみは、そんなともみに最後まで振り回された現実に怒りと悲しみ意外、何もわいてこなかった。
 
何より、この感情を捨ててしまったら、何も残らない気がした。
 
 
うみは、生きる希望を「バンク」という存在から転換した。
 
ともみを殺すために、生きる。
 
 
うみは、その為に、ともみを探すことに協力することにした。
 
 
しかし、うみはともみと違って、見た目や声が同じでも、能力はなくただの人間。
 
協力できることは、たったの1つしかなかった。
 
それは、失った記憶を思い出すこと。
 
ともみのバンクが持ち出され、その後ともみは死に、水死体として海から発見される。
 
寂れた港町で、うみが発見され、そのうみは海から港へ来たという。
 
うみは、とにかくもっとも海が怖かった。
 
記憶は、それに関係があるのだと思うと、それを思い出したいとは全く思わず、ソールやニルに促されても首を縦には振らなかった。
 
そんなうみが、目的の為に記憶を思い出すことに専念するといいだした。
 
ソールは、そんなうみをつれて、うみを見つけた海へとドラゴンを飛ばす。
 
 
うみは、怖かった。
 
何が怖いのか、全くわからないことも合わせて更に恐怖した。
 
ずっと傍にいてくれているソールの手を掴み、黙って目を開く。
PR

2010/05/16 13:21 | Comments(0) | TrackBack(0) | adキャラ設定

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<返却までに…・… | HOME | 忙しさ濃度的には丁度良くて…・…>>
忍者ブログ[PR]